出産によって髪は生まれ変わる

産後三カ月頃、赤ちゃんの生活リズムが整いはじめ、少し心に余裕が生まれる頃に、髪の毛が抜け始めました。毎朝起きると、自分の頭があった場所に髪の毛が大量に落ちているのです。自分が歩くところに抜け毛ありという状態で、毎日掃除をしていても大量の髪の毛を集めることになります。シャンプーの時は指に髪の毛が絡みつき、排水溝は真っ黒になるほど集まっています。そして1本1本が細くなっています。妊娠・出産によって栄養分が髪の毛にまで回っていないことがよく分かります。

髪の量はまずまず多い方ですが、それでも額などの生え際が後退していて、前髪が全然作れません。毎回出産ごとに落ちる髪の毛の掃除が苦痛になり、短く切ります。10年以上切ってもらっている美容師さんからは、産後5ヶ月段階の時に行った際は、1/3ほど減ったように感じると言われました。持つとスカスカだそうです。

その一方で、新しい短い毛が生えてきます。ぱっと見は、はげていく額と同じように見えるのですが、よくよく見ると生え際から、柔らかい産毛が生えてきます。これは抜けた場所から新しい髪の毛が生まれているからです。ですから厳密には、髪が生え変わっている状態です。

さわったそばから抜ける時期が終わるのは、おおよそ出産10カ月以降からです。生理が再開する頃に落ち着く印象です。この頃には離乳食も進み始め、母乳で摂る栄養から食べ物から摂る栄養の方が多くなってくる時期と重なっています。

出産して丸一年は髪の量、長さは安定しません。私は出産前からショートカット、長くても肩までのボブ程度の長さでいます。美容院へ行く頻度は3.4カ月に1度です。こまめにカットして長さを整えてもらっていますが、出産前のように全体的に均等な長さになるまでには1年半かかりました。ちなみに髪が生え変わっていますが、私の場合、髪質には変化ありません。